ニキビ跡

18bfd24d52ed963f02106a131bb6c39e_s

お肌の調子が悪いのはとても男性もそうですが女性としては特に嫌ですし、気になるところです。
年を取るとどうしてもお肌のハリはなくなるし、しわしみが増えてきます。
また、若くてもニキビやニキビ跡に悩む人は少なくありません。
まずは、ニキビができないように努力することが大切だと思います。
ニキビができて、赤く腫れてしまい膿が出た後クレーターのようにニキビ跡ができることがあります。

ニキビ跡になると、なかなか治りません。

見た目も、肌が凸凹して化粧もしずらかったり肌が汚いと思われないだろうかなどと考えて精神的にもつらいです。
なので、ニキビができないに越したことはありません。

そしてニキビができる原因の一つは簡単にいうと生活の乱れです。
生活の乱れは怖いぐらい、すぐにお肌に現れます。

もちろん個人差はありますが、暴飲暴食を繰り返しているとニキビはできるし肌の艶もなくなります。

また、女性は生理があり生理前になるとお肌が敏感になったりするので気をつけなくてはなりません。
ただでさお肌の状態は揺らいでいるのだから毎日が大切になってきます。

そして、腸の状態がいいとお肌の調子もよくなるといわれています。

やはり、お肌だけを良くしようと考えるのではなく体全体の調子を整えるという考えが大事になってくると思います。
先にも書きましたが、女性は生理があるのはとても大切なことです。生理不順になるとまた厄介です。
なので、生理不順をよくするためにも生活を正すのも大切です。

そして、生理の前というのは調子が変わりやすいです。

肌が敏感にもなりますし、便秘にもなりやすいです。
便秘というのは老廃物がたまっている状態なので、やはり出すものは出さないとニキビができたりします。
なので、便秘がひどい場合には薬を飲むのもいいですが、やはり薬に頼らなくてもいいような体づくりが大切です。
便秘にならないように、日頃から乳酸菌を摂取します。
たとえば、ヨーグルトなんかもそうですが発酵食品がいいです。

納豆やみそ、キムチなどがとてもいいです。
みそは、味噌汁を飲べば簡単に摂取できます。

そうなると、やはり和食というのはとても優れた食事だとおもいます。
なので、和食を中心とした食事に変えていくといいです。

味噌汁、色の濃い野菜、サバなどの青魚、豆腐料理などの和食を食べるのはとてもいいと思います。
体の中から整えて、そうすると肌の調子も自ずとよくなっていくでしょう。
また、同時に外からの手入れもしていきます。

やはり、ニキビ跡ができてしまったときにするのは保水と保湿が大切だと思います。
肌が乾燥すると毛穴が広がりやすくなりますし肌の張りがなくなり、たるんできてニキビ跡が目立ってきます。
なので、たっぷりと化粧水をつけて保湿性が高いクリームで肌から水分が蒸発しないように蓋をします。

化粧水は、ニキビになりやす人用のものや敏感肌用のものも数多く販売されているので自分に合ったものを探していくのがいいです。
また、自分ではどうしようもできないなという場合は皮膚科にいきましょう。
塗り薬や飲み薬も処方してくれますし、相手はプロなのでアドバイスもくれます。

しっかりとニキビ跡ケアなどの情報も見ておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です