妊娠するとどうして脇が黒ずみやすくなるの?妊娠と脇の黒ずみの関係について

ninnpunikkouyokuyokonaga

妊娠すると抱えるようになる肌の悩みの中でも、とくに脇の黒ずみは誰かに相談するということが難しく、他人と比較することもできないため、どうしたらよいのか悩んでいる人が多い肌トラブルです。

そこで妊娠すると目立つようになる脇の黒ずみについて、その原因と解消法についてまとめました。

 妊娠すると脇が黒ずむ原因

妊娠して脇が黒ずんでしまう原因としては、妊娠したことによってホルモンバランスに非妊娠時とは異なる大きな変化があらわれること、そしてホルモンの分泌量が急激に変化することという点が挙げられます。

 妊娠を継続するためのホルモンが大量に分泌される

妊娠すると妊娠を順調に継続していくことができるように、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが急激に分泌量をアップしていきます。

大切な赤ちゃんをさまざまな外部刺激や危険から守るため、これらのホルモンは母体と赤ちゃんを守るためのさまざまな役割を果たしていきます。

その働きの一つに、メラノサイトというメラニン色素を作りだす色素細胞を活性化させ、肌内部のメラニン色素を増加させるという働きがあります。

これは外部刺激に強い肌を作ったり、バリア機能をアップさせるための自然な現象になりますが、これによって脇の下など元々メラニンの量が多く黒ずみやすい部分の色素沈着が目立つようになるのです。

脇の下の黒ずみケア

ninpu5

妊娠中は、刻一刻と体は変化していきます。それに伴って、脇の黒ずみも妊娠週数が増えていくとともにだんだんと濃くなっていって目立つようにもなるでしょう。

妊娠中はホルモン分泌のために、黒ずみを劇的に薄くしたり、色素沈着を解消していくことは難しくなるでしょう。

しかし、これは一時的なものであることが多く、妊娠して出産が終わり、授乳の頃になると徐々に薄くなるというケースがほとんどです。

全くケアしないでいると出産後も黒ずみが残ることも

しかしながら、いくら妊娠に伴う一時的な脇の黒ずみであったとしても、全くケアをしないで放置してしまうと、出産後授乳をしているころになってもまだ脇の下が黒いままという場合も少なくありませんので注意が必要です。

授乳するころになってある程度の期間を経過しても黒ずんだままという場合には、徹底した黒ずみケアが必要になってきます。

さらにそうならないように、妊娠中から黒ずみが気になるようであれば脇の肌の黒ずみ予防ケアをしておくべきだといえるでしょう。

脇の黒ずみには黒ずみケアクリームがおススメ

futarimeninnsinn

脇の下の黒ずみが気になったら、すぐにでも黒ずみケアクリームで黒ずみを解消、さらに予防していくケアを始めるようにします。

黒ずみケアクリームは肌に優しい成分でできているため、妊娠中のデリケートな肌でも安心してケアを続けていくことができるでしょう。

さらにホルモンの影響によって増えていくメラニンの生成も抑制することができるので、これからできようとしている黒ずみに対しても予防する効果があります。

>>脇の黒ずみ

まとめ

妊娠中はさまざまな肌の悩みが出現してきますが、じっくりと継続ケアしていくことで出産後も長期的に悩むトラブルになる前に未然に解決していくことができます。

脇の黒ずみも、出産後に悩まないようにするため、妊娠中からしっかりと黒ずみケアクリームでメラニンケアをしていくようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です